Kabushi@もんしゃの20代株主優待ブログ

本ブログでは、保有している銘柄の株主優待について紹介していきます。

  • TOP
  • プロフィール
  • カテゴリ
  • その他

早稲田アカデミー 株主優待到着!

早稲田アカデミー 株主優待

 

もんしゃ

もんしゃ(@kabushi_lover)です。
早稲田アカデミーの優待情報を紹介します。

目次

株主優待について

権利確定月

 権利確定月は、3月・9月の年2回です。

株主優待の内容

 株主優待は、「クオカード(3月)・株主優待券(9月)」になります。

3月の株主優待

保有株数 優待内容 クオカード
保有期間 3年未満 3年以上
100株~ 1,000円 2,000円

9月の株主優待

保有株数 優待内容 株主優待
保有期間 3年未満 3年以上
100株~ 5,000円 10,000円

利回り

 株価1,163円(2022年7月5日終値時点)、今期配当予想の24円で計算しています。なお、優待券は流動性が低いため、換金率84%(優待券5,000円分で金4,200円)として計算しています。
 100株保有で総合利回りは6.53%~11.01%となっています。

保有株数 配当 3年未満 3年以上
優待 総合 優待 総合
100株~ 2.06% 4.47% 6.53% 8.94% 11.01

会社の事業内容

 早稲田アカデミーグループは、当社と連結子会社 5社(株式会社野田学園、株式会社水戸アカデミー、株式会社集学舎、その他海外 2社) により構成されています。また、直営店およびフランチャイズ等により教育関連事業を展開しています。(「2022年3月期 有価証券報告書」より)

  • 早稲田アカデミー
    • 首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・茨城県
    • 小学1年生~高校3年生までを対象とした進学学習指導の提供
    • 個別指導においてはフランチャイズ方式の運営あり
  • 野田クルゼ
    • 中学生、高校生及び高卒性を対象とした医歯薬系専門の大学受験予備校の提供
  • 水戸アカデミー
    • 茨城県
    • 小・中学生を対象とした進学学習指導の提供
  • QUARD
    • 千葉県内
    • 小・中・高校生を対象とした進学学習指導の提供
  • WASEDA ACADEMY UK CO., LTD
    • イギリス・ロンドン
    • 日本人子女(小・中学生)を対象とした進学学習指導の提供
  • WASEDA ACADEMY USA CO.,LTD.
※2022年3月期 有価証券報告書より

企業業績

株価 1,163円
時価総額 223億円
EPS 69.11円
PER 16.83倍
BPS 606.22円
PBR 1.92倍
株主資本比率 58.1%

 業績において、売上高は、右肩上がりとなっています。また、2022年3月期には11期連続増収となっています。経常利益率は、4%~6%で推移していましたが、今期は2009年3月期ぶりの水準に回復する見通しとなっています。株主資本比率は58.1%とやや高めとなっています。

早稲田アカデミー 業績推移

 

 配当性向は、直近6年間を見てみると、35~40%程(減益となった2020年、2021年を除く)で推移していました。直近では業績拡大に伴い、増配傾向にあります。また、2019年9月から株主優待券の優待制度が拡充され、優待による利回りが向上しています。

早稲田アカデミー 配当・優待性向推移

 

 直近16年間におけるキャッシュフローを見てみると、営業キャッシュフローは16年間全てプラスになっています。また、フリーキャッシュフローは13年間プラス(マイナスは2008年、2013年、2018年の3年間)となっています。なお、2013年、2018年は、定期預金増加による支出や子会社株式取得による支出のため、リスクは少ないと思われます。ただし、2008年は確認できていません。
 2022年3月期には有利子負債は610百万円程となっており、現金等は5,100百万円程になっています。現金等は有利子負債の額より多く、キャッシュリッチな企業といえます。

早稲田アカデミー CF推移

 

株主還元

配当政策

もんしゃ

 特に配当性向の目標指標を掲げていませんが、2014年3月期以降(今期を入れて10年間)増配傾向にあることや、優待の新設・拡充を行っていることから、配当だけでなく優待面による還元も積極的だと思われます。

毎年の配当金について、安定的な配当の維持を基本とし、業績に応じた配当性向(配当額)を検討していく方針である。

※「2022年3月期 有価証券報告書」より

 

評価

総合   : 


業績   : 

財務   : 

EPS   : 

増配   : 

株主還元 : 

 

まとめ

最後にまとめです。

  • 11期連続増収となっているが、利益の増減が激しい
  • 総合利回りは5%超と高配当利回り
  • 有利子負債より現金等が多く、キャッシュリッチ
  • 2021年3月における第三者割当増資による企業価値向上

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

※注意事項
投資活動の勧誘や特定銘柄への投資推奨を目的としたものではありません。また、情報に基づいて生じる一切の損害について責任は負担致しません。 最終的な投資判断は、ご自身でお願いいたします。